ホーム  >  学校紹介  >  総長・学校長のことば

The President & Principal 総長・学校長のことば

総長・学校長のことば

田中 愛治

早稲田大学総長

―「学びの本質」を希求し世界に貢献するグローバルリーダーを目指して―

今日の世界は、また日本社会は人類の歴史上で最も早い速度での変化を経験しています。しかし、おそらく将来の時点から振り返れば、現在よりも遅いスピードで変化していく時代はもう来ないのではないでしょうか。それほど、人類の科学技術や生活における変化は加速しています。また同時に、第2次世界大戦後の歴史の中では、今日ほど世界の文明が衝突し、政治も経済も混沌としている時代はないでしょう。しかし変化を恐れてはなりません。
早稲田大学の創設者である大隈重信は、「進取の精神」つまり継続する変革の重要性を唱え、さらに「人間は社会の利益のために存在する」として、世界に雄飛、貢献する人材の育成を目指しました。その理念は「一身一家一国家のためのみならず、進んで世界に貢献する抱負を持つべし」という大隈の言葉にあるように、早稲田大学では世界の問題に果敢に挑戦する精神に支えられた「たくましい知性」の育成をめざしています。そのために、13の多彩な学部による専門的な教育・研究と全学共通の基盤教育など体系的な教育環境を充実させています。さらに、早稲田大学は世界のトップクラスの大学になるという決意をかため、将来への明確なビジョンを掲げ、教職員、学生、校友の皆様の力を結集して、研究と教育における国際競争力を高め、「世界で輝くWASEDA」の実現という目標を新たに定めました。
 アジア経済の一翼を担うシンガポールは、1965年の独立以来、積極的に外国資本を誘致し、人材育成を推進することで金融・貿易の拠点としての国際的地位を確立してきました。多くの困難を克服して経済成長を成し遂げたシンガポールの戦略に、私は本学の理念と通じるものがあると考えます。早稲田渋谷シンガポール校の皆さんは、人間と世界と文化の結節点であるこの地で、多くの異文化理解活動や実践的な英語教育といった貴重な学びを得ることになるでしょう。この環境を活かして、「しなやかな感性」を育んでいただき、日本社会を外から見て、世界の中の日本として位置づける視点を持ってください。
 これらが「学びの本質」に結びつくと思います。ぜひこの優れた環境を最大限に活用して、人類が直面する答えのない問題の解決に向けて努力する高い志を持ち、世界平和と人類の幸福の実現に貢献するグローバルリーダーとなることを目指してください。早稲田大学は夢を追って学び続ける皆さんに最適の環境を提供し、これからも進化し続けます。

田中 愛治 総長略歴

校長 岩志 和一郎

早稲田大学系属
早稲田渋谷シンガポール校

高校時代は、精神的にも、肉体的にも、子どもから大人へと移行する重要な時期であり、自分の身の回りだけではなく、外界にもしっかりと目を向ける姿勢が備わってきます。このような重要な時期にある生徒たちを、日本を離れ、このシンガポールという地で預かり、教育に当たる私たちの責任は、きわめて重いということが言えます。その責任を十分に自覚しつつ、私たちは以下の点を目標に掲げ、教育に当たっていきたいと思います。

まずは、本校の校是である自調自考の精神を身に着けた生徒の育成に努めます。高校生という柔軟で、多感な時期に多くの知識や知見に触れることは大きな意味を持ちます。しかし、それが受け身として習得されるだけならば、単に物知りの人間を作るだけのことになりかねません。知りたいと思うところを自ら調べ、それを自分の中で咀嚼し、考察する作業を経ることによって、自らの人格形成の基礎とすることができる力を育みたいと思います。

次に、生徒の学力と徳力の向上に努めたいと思います。本校は早稲田大学の系属校であり、毎年多くの生徒が早稲田大学へ進学していきます。しかし、早稲田への進学を望むか否かで教育の内容を区別することはしておらず、現に何人もの生徒が、国公立大学をはじめ、他の大学への進学を果たしています。高校生として高いレベルの教育を行い、自分の将来の進路に合わせ、希望の大学へ進学できるよう学力の充実を図ります。また学力と同時に、徳力の涵養にも努め、相手が困っているとき救いの手を差し伸べ、相手が幸せなとき自らも幸せを感ずることのできるような、魅力溢れる生徒を育てたいと思います。

最後に、国際人としての資質を育てることに努めます。本校の生徒たちは、シンガポールという、グローバル社会を先取りした国際都市国家で日々を過ごします。日本で学ぶ高校生にはない、この貴重な経験が、生徒たちの将来に有意な効果をもたらすよう、学習面でも、学校行事の面でも支援していきます。とくに、語学、特に英語教育については、現実に使える英語の習得を目標に、充実したカリキュラムで臨みます。

以上のような基本的な目標を実現し、生徒一人ひとりが、本校で過ごす間に、漠然とした将来への夢を、具体的な志にまで高め、その志を果たすために、しっかりと次のステップに進んでいく。それが私たちの最も望むところです。

校長略歴

1987年 駿河台大学法学部 専任講師
1991年 駿河台大学法学部 助教授
1993年 早稲田大学法学部 助教授
1995年 早稲田大学法学部 教授
2004年 早稲田大学法学学術院 教授
2010~2014年

早稲田大学法学学術院 学術院長

  早稲田大学法学部 学部長
2016年 早稲田渋谷シンガポール校校長