アルティメットフリスビーとはフライングディスク(フリスビー)を使って行う競技です。

想像では犬と戯れて優雅に遊ぶといった感じでしょうが、それは大違い!非常に激しいチーム競技です。 正確なスロー力、ディフェンスをかわして走り続ける強靱な体力、瞬時に状況を見極める判断力、巧みな戦術をたてる知力、諦めずディスクを追いかける精神力が必要な競技、まさにアルティメット(「究極」の意)であると言えます。競技はバスケットボールとアメリカンフットボールを掛け合わせたようなものです。100×37mのコートを使い、1チーム7人(男女ミックス)で行います。

アルティメットフリスビーは今や世界30カ国以上でプレーされていて、日本でも多くの大学に部があります。(早稲田大学にもあります!)

部員数は現在37名(27期生19名、28期生14名、29期生4名)です。(2019年5月8日現在) 大学時代からの経験を持った顧問のもと、厳しくも楽しく練習しています。 只今、1年生男女部員募集中です。興味のある人、是非来てください!!! 

2019.05.10 Anglo Chinese Junior Collegeとの交流試合を行いました

Anglo Chinese Junior Collegeとの交流試合を行いました。

 

2019年5月5日(日)9:30から13:00までの時間帯に、Ghim Moh地区にあるフィールドにて、Anglo Chinese Junior College(以下ACJCとする)との交流試合を行いました。

はじめは、本校チームとACJCを混ぜて4チームに分け、ミニゲームを行いました。自己紹介を含め、英語を使って作戦を立てるなど、交流を含めた試合になりました。その後、2年生(28期生)チームとACJCの試合(30分間)を行いました。試合の後半には、連続して得点するなどのチームワークを見せましたが、相手の序盤のリードから巻き返すことはできず、残念ながら敗退しました。

そして最後に、今回のメインの試合となる、3年生(27期生)チームとACJCの試合(13点マッチ)を行いました。27期生にとっては、これが引退試合となる試合でした。試合の前半は、どちらもリードを許さない、互角の戦いが続きましたが、後半まで勢いが続いた3年生チームの連続得点をきっかけに、見事勝利しました。

試合後には、先輩後輩が交流する姿もあり、引退となる3年生から後輩に向けての言葉もありました。後輩からも先輩に向けてお礼の挨拶やちょっとしたプレゼントを渡すシーンもありました。

今回も、前回以上に、たくさんの保護者の方々や、ワセシブ生の皆さんに応援に来ていただきました。お休みのところ、また暑い中ありがとうございました。

 

これからは2年生(28期生)と1年生(29期生)の代がスタートします。先輩からの伝統を引き継ぎ、引き続き頑張っていきますので、宜しくお願いします。

 

試合結果

5月5日(日) 

WASEDA 2年生チーム ×  3 – 6 〇 ACJC

WASEDA 3年生チーム 〇 13 – 8 × ACJC